IT-Silkroad

Membership login

We've collected useful information for you! Get more information by using our solution

HOME > Community > Trade Archive > Reading

EUの加工貿易と還付



EUの加工貿易と還付



Ⅰ. 概要


EU諸国以外の国からの原材料をEU域内に輸入して、これを加工した後、域外に再輸出することを域内加工と呼ばれ、逆にEUから原材料を海外に輸出して加工した後、再EU域内に輸入することを域外加工と呼びます。


EUは他の域外諸国と同様に貿易を促進し、経済活動の促進のために加工貿易を特別に扱っており、特に関税納付するかどうかについて、その特徴が顕著になります。




Ⅱ. 域内加工



■ 類型


域内加工は、関税納付と関連して以下のような2つの類型があります。 


① 関税猶予形式

EU域外からの輸入関税その他の賦課金を納付せずに原材料を輸入して、EU域内で加工を経た後、再輸出する形式を指します。


② 関税納付後還付形式

EU域外からの輸入関税その他の賦課金を納付して、原材料を輸入して、EU域内で加工を経た後、再輸出する場合、元の納付した関税等を還付してくれる制度を指します。



EU内で域内加工した後、域外に輸出している企業は、上記のタイプのいずれか一つを自由に選択して利用することができ、原材料輸入時に加工した後、完成品を輸出することが確実とされる場合には、関税猶予形式を主に活用します。 


一方、原材料の輸入時には輸出計画が存在しないかわからない場合には、一旦、関税を納付して輸入した後、加工品の輸出が実際に行われたときに、既存の納付した関税還付を申請する方法を使用します。


関税猶予形式を通じた域内加工のためには、事前に管轄税関からの許可を受けなければならず、その許可の有効期間(原材料を加工して再輸出する期間)は、申請者の経済的条件などを考慮して、管轄税関が定めることができます。


もし、その有効期間が2年を上回る場合には、許可に明示した期間ごとに定期的に再審査されるべきで、農産物については、その許可の有効期間は3ヶ月を超えることができません。



■ 域内加工の意味と対象物品    


ここで加工とは、物品の組立、結合または他の物品への装着を含む作業、物品の復元と修復を含む修理、生産を容易にしたり可能にする行為等の物品を高度化するすべての作業を指します。


域内加工の対象となる物品は、特別な制限なしにすべての物品に対して可能です。



■ 域内加工権限の付与


ㅇ 原材料輸入時に関税などを納付せずに輸入する関税猶予形式の域内加工である場合には、その輸入者は、事前に管轄の税関に申告し、その加工生産の許可が必要です。


    許可が必要な理由は、関税猶予措置はその徴収権の重大な例外なので、管轄機関の確認が必要であり、無課税で輸入された原材料が加工後再輸出されるまで継続的に管理される必要があるからです。

 


ㅇ 域内加工権限を付与受けることができる者は、原則としてEU域内に登録された企業でなければならず、その中で加工作業を直接行うか加工作業実行を準備する者です。


   例外的に、非商業的な性格の輸入である場合には、域外企業にも加工権限が付与されることがあります。ただし域外企業の域内加工権限は、以下の要件を満たす必要があります。

   ① 輸入品が加工製品と同一視されることができるか、または代用品について規定した要件の遵守が証明されることができる場合であること、② 域内生産者の本質的利益に悪影響を与えない限り、域内加工手順が加工製品の輸出または再輸出のために最良の条件を造成することができる場合であること




■ 域内加工手順の運用



1. 一般的な手順


域内加工手順の具体的な運用について留意する必要がある手順は次のとおりです。


1) 輸出または再輸出期間


加工のためにEU域内に輸入した原材料を加工して域外に輸出または再輸出する期間は、加工作業と加工製品の処分を行なうのに必要な期間を考慮して、管轄の税関が決定します。 


その期限の開始日は、域外物品が域内加工手順に入った日から開始し、域内加工者による正当な要求がある場合には、管轄税関は期間を延長することができます。また、特定の加工作業や輸入物品については関税委員会の手続きが定めるところにより、特別期限が決まる可能性があります。


2) 稼得率または稼得率の決定方法を設定


管轄税関は与えられたEU域内に輸入された原材料を使用して、加工、生産された完成品の割合である稼得率や稼得率の決定方法を設定しなければなりません。稼得率は加工作業が行われるか、行われる実際の状況に基づいて決定されます。


3) 例外的な関税の算定と納付


関税猶予措置を受けて加工貿易に提供するために輸入された原材料等がその加工に使用されず、外部に搬出された場合には、一般的な輸入と同様に輸入関税がかかります。このとき関税算定は物品が域内加工手順の下に置かれた時点の課税要素をもとに関税が算定されます。 


4) 域外からのいくつかの加工作業


EU域内での加工作業が行われるものと許可を受けた場合にも、関税当局が許可した場合には、加工製品または未加工品の全部又は一部が域外で継続的な加工のために一時的に輸出することができます。


もし、上記の過程を経て商品が再輸入されている場合に関税は、以下の方法によって徴収されます 


① 加工製品または未加工品については、上記域内加工製品の輸入関税算定方式に基づいて計算された輸入関税がかかります。

② 域外での加工後、再輸入された製品に関する輸入関税額は、域外加工手順に従って輸出された製品が同輸出が行われる前に通関された場合に適用されるのと同じ条件で、域外加工手順に関する規定が定めるところにより計算しなければならない。


5) 域内加工物品に関連した関税還付


域内加工物品に関連した関税還付とは、EU域外から関税を納付して輸入した物品を原材料として製造した物品(域内加工製品)を域外に輸出する場合、輸入原材料の関税を還付または減免する制度をと言います。


しかし、これには一定の適用例外があります。数量輸入制限品目、特恵関税協定による関税自動猶予措置品目、特恵関税措置品目と共通農業政策による農業賦課金.輸入負担金賦課品目などは関税還付の恩恵対象から除外されます。 


6) 輸出関税の免除


関税猶予が適用される域内加工手順は、域内物品に製造され輸出される物品の輸出関税免除の際にも適用されます。



2. 関税猶予制度に適用される手順


1) 物品の搬入


関税猶予制度が適用される域内加工に提供されている原材料物品は、域外から輸入される物品またはその輸入される原材料と同等の価値を持つ域内物品(代用物品 -  Equivalent goods)である必要があります。


原材料が輸入物品である場合には、物品の識別と輸入関税の算定に必要な書類を備え、正式に輸入通関された物品である必要があります。


原材料輸入時に納付猶予された関税が免税に確定するためには、その輸入物品で作られた完成品が必ず再輸出されるべきであり、定められた期間内に再輸出されない場合、原材料輸入時に猶予された関税を納付しなければなりません。 


このため、管轄税関は、関税納付が猶予された輸入原材料物品を識別、管理するために必要な諸要素と手段を設けており、その手段の選択は輸入管轄税関の裁量にかかっています。


2) 物品の係留


域内加工制度の下で、関税が猶予されたまま搬入された物品は、他の手順や工程に移転されることもあるが、これについては、厳格な規則が適用され、一定の係留期間を超えることはできません。もし利用者がこのような義務を遵守していなければ、管轄税関は物品の提示を要求することになり、関税猶予を取り消し、その納付を要求することができます。


① 係留期間

関税猶予物品の係留期間を定めることは、EU加盟国の管轄税関です。つまり、管轄税関は加工製品の加工工程の完了と商業化に必要な期間を考慮して具体的な期間を定めることになります。


② 関税猶予物品の移転

関税猶予制度が適用される域内加工手順の下で係留されている間、原材料や加工製品は、共同体関税領域内で運営されているその他の工程手順に移転することができます。その種類は以下のような2つの方法があります。


まず、同じ域内加工手順での許可である場合、別の税関フォームや域内加工手続きなし第2工程者(あるいはそれ以降の工程者)のために関連物品を登録することにより、移転が可能です。このとき移転された物品に帰属される責任は域内加工手順を利用するために物品の搬入許可を取得した者が負担することになります。


二番目、加工貿易許可自体の移転の場合、移転は担保と関税納付など、すべての必要な情報を含む一定のフォームの下で行われてください。このとき、移転された物品に帰属される責任は帳簿に記帳された工程を登録したとき、第2工程者に移転されます。その登録は、2番目に許可を取得した者によって域内加工手順を利用して物品が新たに搬入されたのと同じ効果を持つことになります。



③ 一時輸出

域内加工手順によって搬入された物品は、第3国での完全な処理のために一時的に再輸出されることがあります。つまり、管轄税関が許可した場合には、加工製品または未加工品の全部または一部がEUの関税領域外での継続的な加工のために一時的に輸出されることができ、そのためには、加盟国の国内管轄税関による許可が必要です。



3. 関税還付制度に適用される手順


1) 物品の搬入


関税を納付して輸入された原材料は、域内加工に提供されるという申告書を提出することにより、関税還付制度が適用される域内加工手順の下で搬入されたものです。


このときは、EU域内加工手順と、個々の加盟国の国内加工手順で認められた関税還付制度を同時に利用することができます。 


2) 物品の係留


関税還付制度が適用される域内加工手順での物品の係留については、以下の点に注意する必要があります。


① 係留条件と期間

このときは、関税猶予時とは異なり、物品の使用に関する限り何の制限も課されず、すべての関税措置から自由です。 


係留期間については上記の関税猶予制度と同じで、係留期間を定めることはEU加盟国の管轄税関です。


② 物品の移転

関税還付制度の適用を受ける域内加工手順の下に係留された物品は、加盟国の国内領域の他の加工作業者に移転されることがあります。移転は、関税猶予制度に適用される規則と同じ手順に従って行われます。


③ 一時輸出

関税還付制度の下で、輸入された物品または加工製品は、補足的加工のために第3国に一時的に輸出されることができるという点は、関税猶予の手続きと同じです。


3) 関税の還付


上記の手順を経て獲得された加工製品を再輸出する場合には、その原材料輸入時に納付した関税を還付受けることができます。 


ただし、その還付要求は再輸出された日から6カ月以内に行われなければなりません。しかし、その期間が終了した後にあっても、特別な状況が認められた場合には、管轄の税関はこれを延長することができます。還付要求書類は自由流通が行われている加盟国の税関事務所に提出し、もし複数の加盟国が関連している場合は、欧州委員会との協議の後、自由流通している一つの加盟国の税関事務所に書類を提出します。




Ⅲ. 域外加工制度


1. 域外加工制度の定義


域外加工制度は、EU域内物品を一時的に域外に輸出して域外で製造・加工した後、輸入する手続きを指します。これを利用して再輸入された域外加工製品は、輸入関税などが全部または部分的に免除されるということが重要です。


域外加工作業の範囲は、単純な組み立てから複雑な製造過程までを含み、域外加工のための一時輸出物品にも輸出関税、通商政策とEUの関税領域からの域外物品搬出のための正式な輸出手続きが適用されます。



2. 域外加工制度の適用対象物品


域外加工手順の適用対象となる物品は、EUの関税領域への再輸入を条件に、一時輸出される域内物品です。


域外加工作業の範囲は、域内加工手順と同様に、物品の組立、結合または他の物品への装着を含む作業、物品の加工、物品の復元と修復を含む修理などが含まれます。



3. 域外加工権限の付与


申請人が域外加工を通じて関税などの免除を受けるためには、個々の国の管轄税関から域外加工権を与える必要がありますが、下の要件をすべて満たしていると、域外加工権が付与されます。

① EU共同体域内に登録された者であること

② 加工製品が一時輸出商品の加工の結果として生産されたものであることを確認することができていること

③ 域外加工手順の利用許可が域内加工業者の本質的な利益を大きく侵害していないこと

 


4. 域外加工手順の運用


域外加工手順の利用時の重要なポイントは次のとおりです。


1) EU各国の管轄税関によって加工製品が共同体関税領域に再輸入されるべき期限が定められており、域外加工許可の取得者が正当に証明された要求書を提出する場合、その期限が延長されることがあります。また、管轄の税関によって作業の稼得率や稼得率の決定方法が定められています。


2) 域外加工後の加工製品を域内に輸入時、その輸入関税の減免を受けるためには、輸入通関申告主体が以下に該当する場合にのみ可能です。

  ① 域外加工許可の取得者、

  ② 許可取得者の同意を得て、許可要件を履行した域内での地位を認められたその他の者、

  ③ それら代理する者


3) 再輸入時の加工製品の輸入関税額は全体関税額から域外に輸出された原材料物品の関税額を控除した差額です。


4) 加工作業の目的が域外からの無料修理の場合には、輸入関税が免除されます。しかし、有料修理の場合には、修理費用に相当する金額を課税価格に考慮して輸入関税の一部を免除することができます。


5) 共通農業政策の適用を受ける特定物品以外のEU域内物品が一時輸出される場合には、同一の品目分類に該当する物品を代替輸入することができる制度を標準交換制度と呼ばれ、同制度に基づき、別の域外加工手順が運用されています。


6) EUの域外加工手順に関する規定は、非関税共同通商政策の実施にも適用されます。


7) 域外加工許可の有効期間は、経済的条件と申請者のニーズなどを考慮して、管轄の税関によって決まります。ところが、もしその期間が2年を超えている場合は、許可付与の根拠となった経済的条件は、定期的に再審査を受けなければなりません。




Ⅳ. 税関制御下の加工


税関制御下の加工とは、税関の許可を取得した者が輸入した域外物品をEU域内で加工した製品について域内自由流通を可能にする制度をいいます。


1) 申請権者


税関制御下の加工許可は加工権者の申請により関税委員会が定めた手続きに従い、次の条件に該当する者だけが申請できます。


① EUに登録された者

② 域外物品を原材料として加工生産をする場合

③ 物品が加工された後、加工手順にあるときと同等の特徴や状態で経済的に保存することができない場合

④ 同手順の利用が輸入品に適用される原産地と数量制限の関連規定の適用を受ける場合

⑤ 同種物品が域内生産者の本質的利益に悪影響を与えることなく、域内加工活動をしたり、維持するようにしてくれるの手続きに関連して必要な要件が満たされている場合


2) 有効期間

税関制御下の加工においてその許可の有効期間は、申請者の要件を考慮して、管轄税関によって事案ごとに決まります。ただし、その期間が2年を超えている場合には、許可条件は定期的に再審査されます。


3) 税関制御下の加工手順

税関制御下の加工手順は、ほとんど域内加工手順に準じて処理され、輸出または再輸出期間、稼得率なども上記の域内加工手順と似ています。






To Top