IT-Silkroad

Membership login

We've collected useful information for you! Get more information by using our solution

HOME > Community > Trade Archive > Reading

韓国の個別還付



韓国の個別還付


韓国の関税払い戻し制度の概要


■ 意義


還付とは、輸出用原材料を輸入する際に納付していたり、納付する関税等(関税、臨時収入付加税、個別消費税、酒税、交通・エネルギー・環境税、農漁村特別税および教育税)を輸出者や輸出物品の生産者に返すことを意味します。


個別還付制度とは、輸出品を製造するのに使われた原材料の輸入時に納付した関税等の税額を、原材料ごとに確認し、合計して還付金を計算する方法を指します。個別還付方法は、定額還付に比べて納付税額を正確に還付することができる利点はあるが、書類が複雑で、還付金の計算に相対的に多くの期間がかかります。 


関税還付は、原材料の輸入関税を納付し、その原材料(還付対象原材料)を活用し、加工して再輸出(還付対象輸出)されたことを基本前提とし、根拠法は、関税還付特例法です。 



■還付対象原材料


①輸出物品を生産した場合は、次の物品として所要量を客観的に計算できるものが還付ができます。


ㅇ該当輸出物品に物理的または化学的に結合される物品

ㅇ該当輸出物品を生産する工程に投入され、消耗される物品(輸出物品生産用機械・器具などの作動及び維持のための物品など輸出物品の生産に間接的に投入されて消耗される物品は除く)

ㅇ該当輸出物品の包装用品


②輸入した状態のまま輸出した場合には該当輸出物品


③韓国内で生産された原材料と輸入された原材料が同一の質と特性を持っていて相互代替使用が可能で、輸出物品の生産過程で、これを区分せずに使用される場合には輸出用原材料が使用されたものとみなします。



■還付対象輸出


次に該当する輸出に対して輸出用原材料に対する関税などを払い戻してもらうことができます。


①「関税法」によって輸出申告が、受理された輸出。 


②無償で輸出することについては次の輸出に限定して払い戻し可能です。


ㅇ外国で開催される博覧会·展示会·見本市場·映画祭などに出品するために無償で搬出する物品の輸出として、外国から外貨をもらって販売された場合

ㅇ海外で投資·建設·委託·産業設備輸出、その他これに準ずる事業に従事している韓国の国民(法人含む)に無償送付するために搬出する機械·施設資材及び勤労者用生活必需品、その他その事業に関連して使用する物品で、主務部長官が指定した機関の長が確認した物品の輸出

ㅇ輸出された物品が契約条件と異なるため、返品された物品に代替するための物品の輸出

ㅇ海外購買者との輸出契約のために無償で送付する見本用の物品の輸出

ㅇ外国から加工賃または修理代をもらって国内で加工または修理をする目的で輸入された原材料で加工または修理した物品の輸出または当該原材料の中で加工または修理するのに使用されなかった物品の返還のための輸出

ㅇ外国から委託加工目的で搬出する物品の輸出

ㅇ委託販売のために無償で搬出する物品の輸出(外国から外貨をもらって販売された場合に限る)


③韓国内で外貨を獲得する次の販売又は工事


ㅇ在韓米軍に対する物品の販売

ㅇ在韓米軍または在韓外国大使館などが施行する工事

ㅇ外交官用の物品等の免税規定(関税法第88条)と駐韓米軍地位協定により輸入する乗用車に対して関税等の免除を受けることができる者に対する国産乗用自動車の販売(ただし、主務部長官の免税推薦書を提出する必要がある)

ㅇ外国人投資、または出資の申告(外国人投資促進法第5条~第8条)をした者に対する資本財(韓国生産)の販売。ただし、当該資本財が輸入される場合、関税が免除(租税特例制限法第121条の3)になる場合に限る。

ㅇ国際金融機関から提供される借款資金による国際競争入札で落札(落札された者から請け負う場合を含む)された物品(韓国で生産されたもの)の販売。ただし、当該物品が輸入される場合、関税法により関税が減免される場合に限る。


④関税法による次の保税区域又は自由貿易地域(自由貿易地域の指定及び運営に関する法律)の入居企業に対する供給


ㅇ保税倉庫(関税法第183条)に輸出した物品に対する修理・保守または海外の組み立て生産を向けて、部品などを搬入する場合

ㅇ保税工場(関税法第185条)に輸出用原材料として使用される目的で供給される場合

ㅇ保税販売場(関税法第196条)

ㅇ総合保税区域(関税法第197条)に輸出用原材料として供給したり、輸出した物品に対する修理・保守または海外の組み立て生産のために、部品などを搬入する場合又は保税区域で販売するために搬入する場合


⑤輸出に認められる次の場合に還付が可能です。


ㅇ韓国と外国間を往来する船舶または航空機に船用品または機用品として使用される物品の供給

ㅇ海洋水産部長官の許可・承認または指定(遠洋産業発展法第6条第1項、第17条第1項及び第3項)を受けた者がその遠洋漁船に無償で送付するために搬出する物品として海洋水産部長官または海洋水産部長官が指定した機関の長が確認した物品の輸出



■ 個別還付の要件


ㅇ原材料を輸入する際、その輸入申告済証が関税等の還付を受けることができる、原材料を輸入した申告済証でなければなりません。 

  

ㅇ外国から輸入する際に関税などの納付した物品でなければなりません。 

  

ㅇ原材料の輸入申告受理日から2年以内に製造、加工して製品を生産した後、輸出が行われるし、輸出されたときから2年以内に還付を申請しなければなりません。 

  

ㅇ輸出用の原材料としても、輸出などに提供した月の末日からさかのぼって2年以内に輸入された原材料に限らせて還付が可能です。 

  


■ 個別還付金の算出

  

個別還付の還付金を計算するためには、輸出物品の製造に使われる原材料の品名、規格、数量を確認しなければならないのに、業者からの所要量を自主算定し、所要量の計算書を作成し、還付金を計算に利用します。 


還付金を計算するためには、輸出品の原材料の輸入時に納付した関税等が算出する必要がありますが、それは、輸入申告済証等により算出することになります。 

  


■ 個別還付の対象

  

個別還付方法は、優先的に定額還付率表が適用されることのない輸出物品に適用されます。韓国の全体的に見て、簡易申告ではなく、個別還付が全体の還付実績の大部分を占めています。 



■ 還付申請書類

  

☉ 輸出申告済証など

  

輸出された物品の品名、規格、数量などは、輸出申告済証などにより確認します。 

  

☉ 所要量の計算書

  

所要量の計算書は、輸出品の製造業者が作成することになり、輸出品の製造に使われる原材料の品名、規格、数量を原材料別に表示します。

  

☉ 輸入申告済証など

  

原材料の輸入時に納付税額を証明する書類として、原材料の購入方法によってそれぞれ異なり、輸入申告済証、基礎原材料納税証明書、分割証明書、平均税額証明書があります。

     


■ 関税還付の手続き


関税等の還付を受けるには、関税還付申請することができる者が還付対象の輸入品(原材料)を使用して製造、加工した製品を還付対象の輸出に提供し、輸出された日から2年以内に還付を申請しなければなりません。 

  

1。準備段階 

  

還付を申請するには、還付申請前に払い戻し機関(還付業務を管轄する税関)を決定しなければなりません。


還付申請は、還付申請者の製造場または本社(法令により、事業場として登録された事務所を含む)を管轄する税関長に申請しなければなりません。


還付申請者は、還付申請前に管轄税関に申告専用の口座番号を文書で通知しなければならず、既に開設された還付専用の口座を変更したい場合は、税関長に口座変更の通知をし、関税庁の電算システムに口座番号が登録され、還付金の支払いが可能です。


2。申請書の作成 

  

還付企業(または関税士などの代理申請)は、還付対象の輸出申告済証のうち、同じHS品目と同じ月に輸出された輸出件を月ごとにまとめて申請書を作成する必要があります。 (ただし、簡易定額還付は、簡易定額率表の告示単位(年単位で通知する)ごとに輸出月の区別なく、同じHS品目であれば同時に還付申請が可能です。)


この輸出件に使用される輸入(買入)物品の所要量を計算の根拠にして払い戻し申請書及び諸証明書を還付処理用のS / Wに入力し、S / Wの準備ができていない中小企業の場合、関税士に還付代行を依頼したり、全国の主要税関および商工会議所の入力設備を使用して入力することができます。

  

3。電子文書の送信/受信 

  

入力が完了したら、EDI、電子文書の形で、関税庁に送信するようになり、企業の文書作成·転送には24時間中いつでも可能です。 


4。申請書のエラーの検証 

  

還付システムは、受信した電子文書の内容が、電子文書作成のルールに合わせて作成されたかどうか、および、各申込書の基本的な入力事項(通関固有の番号、還付区分、口座番号、輸出、輸入の事実など)を検証します。障害通知を受信した者は、エラーの内容を訂正して、元の提出番号にリダイレクトする必要があります。


5。受付番号の付与と計算の審査 

  

還付システムは、受信文書の基本的な事項を検証した後、異常がなければ受付番号を付与し、税関の審査員の割振りの基準に基づいて自動的に審査の担当者を指定します。受付された申請は、関税庁の還付システムによって自動的に電算審査が行われ、電算審査は(a)、(b)、(c)、(d)等の申請書内訳別の論理的関係と、各申請書の詳細にについて審査を行います。


6。受付通知や電算審査のエラー通知 

  

電算審査の結果、エラーがない件は、受付番号と担当者がその業者に通知(受信通知)し、エラーが発生すると、エラー項目、エラーの場所と受付番号、担当者などの内容をその業者に通知(エラー通知)します。 


7。受理通知後、3日以内の書類の提出 

  

還付申請の件のうち、書類提出の対象であることが通知を受けた場合には、受理通知の日から3日以内に立証資料を管轄税関長に提出しなければなりません。 3日以内に書類を提出しない場合には、還付の申請が受理されていないものとして処理されます。


8。提出書類による電算資料を確認 

  

税関の担当者は、提出された書類や、すでに受理された業務処理画面の申請内容を照合し、確認する必要になる事項を提出された書類として確認してから決裁処理をします。


9。還付の決定と支払い決済 

  

お申し込みの件についての審査の結果、異常がなければ、還付金支給決定手続きが完了します。ただし、還付申請者が関税を滞納している場合には、滞納金額をまず控除した後、残りの支給決定がなされるようになり、その決定が還付申請人に通知されます。


10。還付金の送金や支払い

 

韓国銀行は、税関長の還付金の支払い要求に応じて還付申請人の口座に入金させた後、ご入金の結果を税関長に電子文書で通知します。



■ 個別還付金の支給制限


個別還付制度は、輸出物品の製造に使われる原材料別に輸入時に納付税額を計算して還付するものなので、原材料の輸入時の納付税額の全部を戻してくれるのが原則であるが、政策目的に合わせて還付金の支給を制限する場合があります。


☉ 副産物の控除制度


輸出物品の製造過程で発生した副産物のうち、還付金の控除対象となる副産物は、経済的な価値があって販売したり、自分の使用されたことを意味します。


輸出されていない、このような副産物の製造用の原材料についても、関税等の還付とは、不当なので、副産物の価値に相当する金額を控除​​した後の残額を返金します。これを副産物控除制度と呼ばれます。


控除率は以下の式によって算出します。 


                                 D

           副産物控除率= -----------------

                         A x C / B + D


ただ基礎原材料納税証明書の発給を申請する時に、代金と譲渡税額が区分表示されていない場合には、次の式に基づいて物品代金を算出した後、簡易定額還付計算式で算出します。


                 ウォン貨で表示された内国信用状等の取引金額

       物品代金= ----------------------------------------------------

                       [1(適用する簡易定額)/ 10,000]



* A:副産物が発生する当該工程で生産された製品の価格

* B:副産物が発生する当該工程で消費された合計原材料の価格

* C:副産物を発生させた当該原材料の価格

* D:副産物の価格

(ただし、A、Bの価格を算定することが困難な場合には、D / Cで、上記のA、B、C、Dの価格を算定することが困難な場合には、副産物の発生率と副産物控除比率を置き換えることがあります)


☉ 個別還付支給の制限制度

  

国内産業の保護などを目的に企画財政部長官が定める物品(原材料)については、企画財政部長官が定める割合を控除した後、還付額を支給するのが、個別還付金支給制限制度です。 


その対象は次のとおりです。 


ㅇダンピング防止関税、報復関税、相殺関税の規定の適用を受ける物品 

  制限比率=ダンピング防止関税等の関税率による関税額 - 基本税率による関税額

  

ㅇその他の企画財政部長官が、還付及び納税通知の猶予を制限する物品



■ 個別還付時の留意事項など


ㅇ個別還付の重要な事項は、所要量の計算書の作成及び提出なので、いつもの原材料管理台帳、輸入申告済証、輸出申告済証などを厳格に管理し、還付に支障がないようにする必要があります。


ㅇ業務が電算処理されている企業(ERP使用企業)は、輸入原材料ごとに個別のコード値を付与して管理することが所要量の追跡に有利です。 


ㅇ個別還付業務については、管轄税関の担当者と協議しながら業務を進めることが良いですし、還付かどうか、および範囲は、輸出入企業の財務に影響を与える重要な要素であり、必要条件、および実行の手順が複雑なため、関税士などの専門家のコンサルティングを経て処理することをお勧めします。


ㅇ輸入原材料の使用期限と還付申請可能期間(2年)を常に念頭に置きして、期間満了による還付不承認などの不利益を受けないようにする必要があります。


To Top